輸入住宅は構造がしっかりした丈夫な家であるということに定評がある

サイトマップ

輸入住宅

窓ガラスやサッシも断熱性能のポイント

家

面構造によって建てられている輸入住宅の多くは高い気密性と断熱性を備えていますが、唯一、窓や玄関口などの開口部では外気温の影響を受けてしまいやすくなります。
例えば、断熱材を組み込んだ壁や床、天井によって気密・断熱性能を高めることができても、窓ガラスやサッシ部分に性能の高い製品を使っていないと、冷暖房効率が悪化したり、結露を引き起こしたりしてしまいます。そのため、輸入住宅を建てる際には、窓ガラスを極力2枚以上の複層のガラス仕様にしたり、サッシ部分に関しても熱を伝えやすい金属製のサッシではなく、熱伝導率が低い木製のサッシ、あるいは樹脂製のサッシなどを採用することがおすすめです。これらの断熱性能の高い窓ガラスやサッシは値段も高めになっていますが、生活を始めれば冷暖房費の節約を生み出してくれるので、建てる時からこだわる部分の一つとして検討しておくようにしましょう。ただし、建てる土地の気候が比較的温暖な場合であれば、そこまで断熱性にこだわらなくても良いでしょうし、最近ではホームセンターなどで窓ガラスやサッシの断熱性能を高めることができるグッズも売られているので、自分自身で工夫することもできます。
輸入住宅で建築予算とどの程度の気密性や断熱性能を望むのかというバランスをよく考慮することも大切です。

計画的な換気方法を考慮することが大切

輸入住宅を建てる際に知っておきたいのが、計画的な換気の重要性です。輸入住宅は一般的に箱のような構造になっているので、隙間から自然に空気が出入りすることはほとんどありません。そのため、換気扇などを利用して意図的に換気を行わないと、室内の空気がどんよりと滞留したり、湿気が排出されずにカビや結露が発生してしまう原因になってしまいます。
そのため、間取りを検討する段階から効率の良い換気システムを取り入れることをしっかりと考えておかなければいけません。一般的に換気は、屋外から窓などを通して新鮮な空気を室内に循環させて、浴室やトイレなどの排気口から排出するというのが基本になります。輸入住宅の場合は、どの部屋でもバランスよく給気と排気が出来るように、給気と排気のそれぞれの設備を上手く配置し、理想的な換気の経路を作っておきましょう。
具体的には、排気だけではなく給気専用の換気扇を設置して、そこにフィルターを付けて外気に含まれる排気ガスや、花粉、ほこりなどを除去した空気を取り込むようにしたり、住宅内にダクトを配管して、外気を取り込むときに室温に近づけてから給気するシステムを取り入れたりする方法があります。また、住みはじめてからもそれらの設備の使用方法をしっかりと守り、フィルターの点検等もメンテナンスも欠かさないようにすることも大切です。

輸入住宅の特徴と注意点

海外から資材を輸入し、海外の工法で構築するのが輸入住宅です。海外ドラマを見ているかのような個性的なデザインや、家の性能の高さに特徴があります。輸入住宅といっても種類はいくつかありますが、「スウェーデンハウス」などの北欧スタイルの家が多く、人気もあります。北欧という寒い土地の気候から、高気密高断熱の仕組みが家作りに反映されてます。断熱効果の高い木枠のサッシに三重窓を取り付けるなどで高い気密性を実現し、雪国でも床暖房が必要がないくらいの快適さを実現していると言われています。気密性が抜群なので、生活していく上で必要になる暖房費などの費用が節約できるという利点もあります。
また、輸入住宅は、壁パネルを使用して面で揺れを支える構造を取り入れていることが多いので耐震面も強い作りになっています。注意点としては、海外から資材を輸入するため、どうしても輸入コストがかかり、一般の家より建築費用がかかってしまうケースが多いということです。また、日本ではあまり取り扱いのないメーカーの設備を設置することもあるため、メンテナンスが必要になった時は、資材や設備を取り寄せる時間がかかるかもしれないということもあります。注意点はいくつかありますが、耐震機能も含めて構造がしっかりした丈夫な家であるということに定評があります。


計画的にゆとりをもってスケジュールを組むのが輸入住宅を建設する際には重要となります。輸入住宅はいろんな部分の設計にこだわりが出てきてしまうので、その可能性を考えて余裕をもって計画していきましょう。業者の方との綿密な打ち合わせが輸入住宅の建設においてはポイントとなりますね。

TOPICS

  • 2017年02月02日

    輸入住宅の種類を知る

    世界各国にはその国の気候や風土に合せた住宅が数多くあり、生活に欠かす事の出来ない存在となっています。日本にも和式作りの住宅が古来より当たり前となってきました…

    more ▶

  • 2017年02月02日

    輸入住宅の実際のところ

    注文住宅などはどうしても工期が長くなるイメージがあることでしょう。同様に輸入住宅も工期が長いと思っている人がいるのですが、実はそれは誤解です。輸入住宅はかなり工期が…

    more ▶

  • 2017年02月02日

    輸入住宅は意外と耐火性に優れている

    輸入住宅の特徴として耐火性があります。日本でもそうしたことにはしっかりと規制があり、基本的には心配することはないです。しかし、より耐火性が高い住宅にしたい、という人…

    more ▶

TOP