輸入住宅は構造がしっかりした丈夫な家であるということに定評がある

サイトマップ

輸入住宅

輸入住宅の性能について

住宅にとって大事な基本性能として気密性能があります。これは要するに外気が入ってこないようにすることです。気密性が高いですと夏は涼しいですし、冬は暖かくなります。こうした住宅の性能はとにかく高いほうがよいでしょう。
では、輸入住宅はどうなのか、といいますと実は一般の住宅よりもそれが高性能であることが多いです。理由は実に簡単であり、輸入住宅は断熱材を多用しており、また、ガラス窓なども二重になっていることが多くあるからです。大抵、輸入住宅といってもヨーロッパスタイルか北米スタイルです。この二つが最も多く普及しています。どちらも基本的に日本より北にあるので住宅様式がそもそも寒さに対して強くなっているのです。気密性を高くするのはその土地の風土によいからです。
では、この住宅性能は日本ではよいのか、といえば基本的には問題はないです。但し、日本の夏は高温多湿ですから、とにかく湿気を解消できる住宅設備が必要になります。その点のみは注意したほうが良いでしょう。しかし、輸入住宅といっても日本に建てるわけですし、空調関係はしっかりと最新式にするのが基本ですからそこまでこの点は危惧するほどではないです。つまりは、安心して住めるわけです。

TOPICS

  • 2017年02月02日

    輸入住宅の種類を知る

    世界各国にはその国の気候や風土に合せた住宅が数多くあり、生活に欠かす事の出来ない存在となっています。日本にも和式作りの住宅が古来より当たり前となってきました…

    more ▶

  • 2017年02月02日

    輸入住宅の実際のところ

    注文住宅などはどうしても工期が長くなるイメージがあることでしょう。同様に輸入住宅も工期が長いと思っている人がいるのですが、実はそれは誤解です。輸入住宅はかなり工期が…

    more ▶

  • 2017年02月02日

    輸入住宅は意外と耐火性に優れている

    輸入住宅の特徴として耐火性があります。日本でもそうしたことにはしっかりと規制があり、基本的には心配することはないです。しかし、より耐火性が高い住宅にしたい、という人…

    more ▶

TOP